男性器サイズは生まれつきなのか?

増大の悩みを抱えたあなたにピッタリの増大サプリが見つかる!
おすすめペニス増大サプリ早見表!

■なぜ小さい男性器の人と大きい男性器の人がいるのか?

男性器を大きくするためには男性器が小さい原因を知りましょう。男性器が小さい要因には以下の三つのものがあるといわれています。

●生まれ持った体質

男性器が小さい一番の原因は生まれ持った体質です。

遺伝で決まっていると言われると顔を替えられないのと同じと思ってしまいますが、男性器に至ってはそうではありません。

ここでいう体質というのは生まれたときから男性器サイズが決まっていると言うことではありません。

男性器の大きさがそもそも決まっているのではなくて、男性器の成長に欠かせない成分が体内で不足しがちになると言うことです。

身長や顔の容姿などのように生まれ持った遺伝子で男性器のサイズが決まっているわけではありません。成長に必要な成分を増大サプリなどから効率的に体内に取り入れることにより増大をいくらでもすることができます。

●筋力不足(筋力不足)

下腹部の筋力が弱い人太っていてお腹が出ている人は男性器が小さい傾向にあります。原因は、下腹部から男性器につながる筋力不足。

男性器というのはPC筋とおなかの下の方から伸びている筋肉と海面体細胞で構成されているのです。

勃起するときは、海綿体細胞が大きくなって、筋肉が緊張して大きくなった男性器を吊り上げて、力強く反り返るような勃起を実現しています。

ここの筋肉が弱いと、男性器そのものも細くなり、勃起も力強く勃たなくなります。

筋肉が弱かったり太ったりしている人は、まず下腹部の脂肪分を減らすことにより男性器の筋肉を付けて勃起したときの大きさやギンギン具合を改善することができます。

●男性器に皮がかぶっている

包茎も男性器を小さくする原因です。包茎とは、男性器の皮(包皮)が亀頭にかぶっている状態。

小さい頃は亀頭に皮がかぶっているのが普通の状態ですが、思春期を迎えて男性器が大きくなりはじめると自然と皮がむけて、亀頭がさらけ出すようになります。

ですが、人によっては亀頭に皮が被ったままになり、通常時はもちろんのこと、勃起した状態でも亀頭に皮が被ったままの人もいます。

仮性包茎というのは、普通の男性器の時は皮が被っている状態で、勃起すると完全に皮が向ける状態のことをいいます。

逆に真性包茎というのは、通常時でも勃起状態でも常に亀頭に皮が被っている状態の包茎のことをいいます。

さらにカントン包茎というのは皮の先端が狭くなっていて亀頭を締め付けてしまう状態の包茎をいいます。

上記のように包茎にはいくつも種類がありますが、どの包茎のタイプでも亀頭が皮にかぶっている状態のことをいいます。

亀頭に皮が被っている包茎という状態は、男性器増大にはマイナス要因になってしまうのです。

これが包茎が男性器を小さくする原因です。包茎と正常の男性器では、長さが平均で3cmも違うというデータもあります。

包茎が原因の場合は包茎を治すことにより男性器を大きくすることができるということです。